光と影と時間と

映像作りに参考になる動画など。

★TVや映画や漫画

スター・ウォーズフォースの覚醒予告編全部

公開まであと一週間くらいかな。

さてどうするかな。

見に行くか行かないか。

混みそうだしなあ。

 


The Awaking Force
覚醒するフォース/新たなスター・ウォーズ神話を生み出す6人

Star Wars Special

新エピソード『スター・ウォーズ/フォースの覚醒』は、
シリーズ中初めての「ジョージ・ルーカス不在」の作品だ。
この困難にして壮大な挑戦を担ったドリームチーム。
ハリウッドを牽引する6人の猛者が
映画公開を前に、その高ぶる胸の内を語った。

そして「シン・ゴジラ」

そうか。

やるんだ。

なんか「進撃の巨人」とだぶるような顔ぶれが・・・

いや、期待しよう。





ゴジラ史上最大のスケールに。『シン・ゴジラ』特報映像&ビジュアル公開!

 2015.12.10 13:38

 

公開日は2016年7月29日(金)!

「新世紀エヴァンゲリオン」の庵野秀明監督による、12年ぶりの"ゴジラ"シリーズ最新作『シン・ゴジラ』の特報映像が公開。禍々しいシン・ゴジラのシルエットを映したティザーポスターも公開されました。

ゴジラのイメージデザインには、『マッドマックス 怒りのデスロード』で、コンセプトアート&デザインを務め前田真宏氏が参加。キャラクターデザインには『巨神兵東京に現わる』で巨神兵の雛形造形を担当した、竹谷隆之氏が参加。デザイン制作は、期間にして1年以上、100回以上もの意見交換を経て産まれたという。

 http://www.gizmodo.jp/2015/12/post_1212121353.html

    進撃の巨人 樋口真嗣監修<PG12>プロモ映像

    ああ、食べてますねえ。

    スバルのCmで超大型巨人が出た時は期待値が高かったんだけど、人間が演じる普通の巨人が出てくると、なにかギャップを感じる。

    質感の違いが大きいなあ。

     



     

    The Good Dinosaur / Pixer

    ピクサーの新作。

    風景のCGが凄いなあ。

    フォトリアルを目指して完成度がまだ50%らしいんだけど、11月公開に間に合うのか。

     

     ピクサー最新作『ザ・グッドダイナソー』は、史上最高の出来?
    アメリカの映像制作会社ピクサーが2015年、「再始動」している。2009年の製作開始から紆余曲折を乗り越えて製作が進む最新作『ザ・グッドダイナソー』のディレクターのもとを訪れた。

    今年は、ピクサー社にとって忙しい1年になりそうだ。彼らは、2つの新しい映画をリリースする。脳内を舞台としたアドヴェンチャー『インサイド・ヘッド』はカンヌでのプレミアを終えて既に賞賛のレヴューが届いている。続けて『ザ・グッドダイナソー』が今年11月に公開予定(日本での公開は2016年3月予定)だが、そのロンドンで行われた予告編の発表を、いち早く取材した。

    『ザ・グッドダイナソー』の裏には、ピクサーの苦悩の歴史があった。2009年から製作は開始していたが、13年に内容は書き直され声優も交代となり、そして当初担当していたディレクター、ボブ・ピーターソンが降板させられた。代わって、ピーター・ソーンが自身初めてとなるディレクターとして後任を務めることになった。

    「小惑星が地球に墜落しなかったらどうなっていただろう、という問いがスタートとなりました」とソーンは述べる。彼はこれまで、数ある映画のうち『Mr.インクレディブル』と『ファインディング・ニモ』に取り組んでいた。「この原点に立ち返り、『ストーリーは何か』にフォーカスしました。映画製作では、ストーリーが2〜3本存在していることがある。(そこで、)ストーリーを煮詰めるために、主人公の感情の起伏を見出すこともあります」
     
    (後略)

    http://wired.jp/2015/06/17/pixar-good-dinosaur/#!/galleryimage_1

     

    今年公開のジュラシック・パーク JURASSIC WORLD Official Super Bowl EXTENDED TRAILER

    作りこんでるなあ。

    これは公開が楽しみ。





    CGが格段に進化した『ジュラシック・ワールド』予告編第2弾公開(動画あり)
    映画『ジュラシック・ワールド』予告編第2弾のCGを、予告編第1弾と比較してみた。同じシーンが格段に「進化」していることがわかる。

    今年の夏に公開される映画『ジュラシック・ワールド』の新しい予告編が、このほど公開された。この予告編にどんな感想を抱こうと、ひとつ心に留めておいてほしいことがある。それは、映画館で観るときのほうがおそらく映像がいいということだ。
    予告編第1弾(日本語版記事)が昨年の秋に公開されたときに、誰かが、CGにリアルさに欠けている部分があったとしても、公開されるころにはきれいに仕上がっている可能性があると言っていた。だから、スーパーボウルが開催される直前に新しい予告編が公開されたとき、わたしは、第1弾の予告編をもう一度見て、どこか変わっていないか確認することにした。

    (後略)

     http://wired.jp/2015/02/04/new-jurassic-world-trailer/
     
     
    記事検索
    • ライブドアブログ