光と影と時間と

映像作りに参考になる動画など。

CG

メイキングもかっこいいなあ

The Good Dinosaur / Pixer

ピクサーの新作。

風景のCGが凄いなあ。

フォトリアルを目指して完成度がまだ50%らしいんだけど、11月公開に間に合うのか。

 

 ピクサー最新作『ザ・グッドダイナソー』は、史上最高の出来?
アメリカの映像制作会社ピクサーが2015年、「再始動」している。2009年の製作開始から紆余曲折を乗り越えて製作が進む最新作『ザ・グッドダイナソー』のディレクターのもとを訪れた。

今年は、ピクサー社にとって忙しい1年になりそうだ。彼らは、2つの新しい映画をリリースする。脳内を舞台としたアドヴェンチャー『インサイド・ヘッド』はカンヌでのプレミアを終えて既に賞賛のレヴューが届いている。続けて『ザ・グッドダイナソー』が今年11月に公開予定(日本での公開は2016年3月予定)だが、そのロンドンで行われた予告編の発表を、いち早く取材した。

『ザ・グッドダイナソー』の裏には、ピクサーの苦悩の歴史があった。2009年から製作は開始していたが、13年に内容は書き直され声優も交代となり、そして当初担当していたディレクター、ボブ・ピーターソンが降板させられた。代わって、ピーター・ソーンが自身初めてとなるディレクターとして後任を務めることになった。

「小惑星が地球に墜落しなかったらどうなっていただろう、という問いがスタートとなりました」とソーンは述べる。彼はこれまで、数ある映画のうち『Mr.インクレディブル』と『ファインディング・ニモ』に取り組んでいた。「この原点に立ち返り、『ストーリーは何か』にフォーカスしました。映画製作では、ストーリーが2〜3本存在していることがある。(そこで、)ストーリーを煮詰めるために、主人公の感情の起伏を見出すこともあります」
 
(後略)

http://wired.jp/2015/06/17/pixar-good-dinosaur/#!/galleryimage_1

 

月の生涯

45億年があっという間。

今年公開のジュラシック・パーク JURASSIC WORLD Official Super Bowl EXTENDED TRAILER

作りこんでるなあ。

これは公開が楽しみ。





CGが格段に進化した『ジュラシック・ワールド』予告編第2弾公開(動画あり)
映画『ジュラシック・ワールド』予告編第2弾のCGを、予告編第1弾と比較してみた。同じシーンが格段に「進化」していることがわかる。

今年の夏に公開される映画『ジュラシック・ワールド』の新しい予告編が、このほど公開された。この予告編にどんな感想を抱こうと、ひとつ心に留めておいてほしいことがある。それは、映画館で観るときのほうがおそらく映像がいいということだ。
予告編第1弾(日本語版記事)が昨年の秋に公開されたときに、誰かが、CGにリアルさに欠けている部分があったとしても、公開されるころにはきれいに仕上がっている可能性があると言っていた。だから、スーパーボウルが開催される直前に新しい予告編が公開されたとき、わたしは、第1弾の予告編をもう一度見て、どこか変わっていないか確認することにした。

(後略)

 http://wired.jp/2015/02/04/new-jurassic-world-trailer/
 
 

月面着陸写真のシミュレーション結果

実はスタジオで撮影したとかなんとか話がいろいろあったっけ。

今までこういうことがされてなかのが不思議。

地球上より光源はシンプルだと思ってたけど、そうでもなかったんだなあ。





 アポロ11号の「月面着陸は事実」:NVIDIA社が最新GPU技術で証明

 一部で捏造説が唱えられる「アポロ11号」の有名な月面着陸写真。NVIDIA社は、最新コンピューターグラフィックス技術を使って光の当たり方を再現し、捏造でないことを証明した。

「アポロ11号による月面着陸は捏造だ」と信じる人に、残念なお知らせだ。ニール・アームストロング船長が、月着陸船から降りるバズ・オルドリンを撮影した有名な写真。この写真をチップメーカーのNVIDIA社が、最新のコンピューターグラフィックス技術を使って再現したところ、彼らが実際に月面に立っていたことを強く示唆する結果が得られたのだ。

(後略)

http://wired.jp/2014/10/01/nvidia-moon/

 
記事検索
  • ライブドアブログ