メロディも声質も映像もみな好みだ。

しかしこういう映像にしてしまうのはなかなか勇気がいる。