光と影と時間と

映像作りに参考になる動画など。

2014年12月

月面着陸写真のシミュレーション結果

実はスタジオで撮影したとかなんとか話がいろいろあったっけ。

今までこういうことがされてなかのが不思議。

地球上より光源はシンプルだと思ってたけど、そうでもなかったんだなあ。





 アポロ11号の「月面着陸は事実」:NVIDIA社が最新GPU技術で証明

 一部で捏造説が唱えられる「アポロ11号」の有名な月面着陸写真。NVIDIA社は、最新コンピューターグラフィックス技術を使って光の当たり方を再現し、捏造でないことを証明した。

「アポロ11号による月面着陸は捏造だ」と信じる人に、残念なお知らせだ。ニール・アームストロング船長が、月着陸船から降りるバズ・オルドリンを撮影した有名な写真。この写真をチップメーカーのNVIDIA社が、最新のコンピューターグラフィックス技術を使って再現したところ、彼らが実際に月面に立っていたことを強く示唆する結果が得られたのだ。

(後略)

http://wired.jp/2014/10/01/nvidia-moon/

 

ベイマックスってどんな映画なのよ。

宣伝と内容が違いすぎると一部で話題になってるベイマックス。

ベイマックス関係の映像をちらちら見てたらアクションコメディだと思ってた。

でも日本の予告は内容といい、流れてる曲といい。

すっかり感動巨編(笑)


しかしアメリカ版の予告編。

例によって映像的においしいところが全部入ってる予感がする(笑)




 


 
 

「ベイマックス」は本当に広告詐欺映画なのか

現在『ベイマックス』が劇場公開中。
多くの人が、言います。
思っていたのと違った!と。
嬉しそうに。

(後略)

http://netallica.yahoo.co.jp/news/20141226-00000006-exrev 
 

フレームが縦長の映画

おもしろい取り組みではあるけど。

なんか隙間から見てる気がする。

状況がよくわからない。

世界が狭いく感じるなあ。

頭上の空間は高さのスケールを感じるけど、横が狭いというのがなんとも。


「ムーンウォークのやり方」というインフォグラフィック

おもしろい。

インフォグラフィックというよりアートだなあ。






http://animagraffs.com
http://animagraffs.com/




インフォグラフィック
インフォグラフィック(英語: infographics)は、情報、データ、知識を視覚的に表現したものである[1]。インフォグラフィックは情報を素早く簡単に表現したい場面で用いられ、標識、地図、報道、技術文書、教育などの形で使われている。また、計算機科学や数学、統計学においても、概念的情報を分かりやすく表現するツールとしてよく用いられる。科学的情報の可視化にも広く適用される。
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%A4%E3%83%B3%E3%83%95%E3%82%A9%E3%82%B0%E3%83%A9%E3%83%95%E3%82%A3%E3%83%83%E3%82%AF

 

相撲ロックバンド(Rockin' Sumo Band)/「ザ・ムーヴバンド」

記事検索
  • ライブドアブログ