光と影と時間と

映像作りに参考になる動画など。

2012年07月

Chariots of Fire / Vangelis

有名な映画「炎のランナー」のテーマ曲ですが。

ロンドンオリンピックの開会式のおかげでせっかくの名曲も聴いてるとあのとぼけた顔が頭に浮かんで仕方がない。

Mr.ビーンめ(笑)

しかしおもしろかったなあ。

この曲をああいう風にしてしまう演出が凄い。


Vangelis - Chariots of Fire


Chariots of Fire Trailer

最新ハリウッド版『ゴジラ』がサプライズ上映?

おおおおお。

これなのか。




最新ハリウッド版『ゴジラ』、コミコンで初公開

現在制作されているハリウッド版『ゴジラ』の初映像が、「Comic Con」でサプライズ上映され、喝采を浴びた。監督のギャレス・エドワーズも登場し、作品のコンセプトを説明した。


サンディエゴ「Comic Con」会場発──Comic Conでは7月14日(米国時間)、『ホビット 思いがけない冒険』『マン・オブ・スティール』『パシフィック・リム』といった多くの映画の映像が初公開された。その後、映画会社レジェンダリー・ピクチャーズのトマス・タル最高経営責任者(CEO)が、同社が近日公開するリメイク版『ゴジラ』の映像を予告なしで上映し、ファンたちを驚かせた。

タルCEOは、見せたいものがあると言っただけで、中身を知らせずに上映を始めた。瓦礫の山に埋もれ、破壊されたビルが建ち並ぶ埃っぽい大都市が映し出され、ロバート・オッペンハイマーによるナレーションが1分ほど流れた。

「世界は以前と同じではなくなったことを、われわれは知っていた。泣いている者もいたが、ほとんどの者は沈黙していた。わたしはヒンドゥー経典の一節を思い出した……。たくさんの腕を持つ破壊神が言う。『わたしは、世界の死となり破壊者となる』」。ナレーションが終わると、画面が明るくなり、恐ろしいゴジラの横顔がちらりと見える。

ゴジラだとわかった人々が、ジャスティン・ビーバーのファンのような大歓声をあげたことを考えると、大勢の人がゴジラを待ち焦がれていたようだ。

「わたしは子どものころからゴジラが大好きだった。われわれは単純に、すごいゴジラ映画が見たいのだ」と、映像が終わった後でタルCEOは語った。

レジェンダリー・ピクチャーズは、2010年にリメイク版ゴジラの制作を開始したが、今回のパネル・ディスカッションまで、作品についてはほとんど何も明らかになっていなかった。

(後略)

http://wired.jp/2012/07/19/godzilla-comic-con/




破牙神ライザー龍 エピソードゼロ Bakishin Riser Ryu "Episode 0"

必見!宮城に現れた真のヒーローとは?[コレカラプロジェクト]

世界が認めた和紙 土佐典具帖紙[コレカラプロジェクト]♯1

記事検索
  • ライブドアブログ